シンプル美を追求したWordPressテーマ SWELL

【2021年】スマートウォッチの選び方ガイド– category –

ガジェットスマートウォッチ
ネコ

スマートウォッチって種類が多くて選ぶのむずかしい。

マドグチ

500種類以上あって値段もバラバラ。しかも次々と新しい商品が出ているからね!

スマートウォッチの利用目的や価格条件を基準に考えると選びやすいです。スマートウォッチ愛好家の筆者があなたにオススメの逸品をズバッと選びます!

もし大雑把にスマートウォッチ業界を知りたいのであれば、「新しさで探す」から主要メーカーと最新ラインナップを見てみましょう。

500種類全部チェックするとマイナーブランドの商品も出てきて余計に混乱します。まずはどんな機種が存在するかザックリ頭に入れる。そのあと必要な機能やスマートフォンとの相性を見ていくとスムーズに探せますよ!

\ 選んでみよう /

新しさから選ぶ

賢くスマートウォッチを選ぶには最新の機種をざっくり知っておく必要あり。

Amazonや楽天では売れている商品が上位検索されています。人気商品こそ、実は1年以上前の機種なんてよくあること。ひとまず最新のラインナップをチェックしてから機能面での検討を始める。慎重なあなたはまず主要メーカーのスマートウォッチを最新3機種ずつ紹介しているこちらの記事をオススメします。

コストから選ぶ

スマートウォッチは3千円程度のものから10万円を超すものまでさまざまです。

価格が高ければ高性能というわけではありません。例えばXiaomi製品は最新のセンサーを搭載しつつも超低価格商品がズラリとそろっています。Apple製やGARMIN製はブランド力からやや高価だと言えるでしょう。高コスパを目指すなら中国メーカー、信頼と実績を取るならApple、GARMIN、SUUNTOあたりです。

搭載センサー ・ メーカー ・ 価格 の3要素から考慮したコストパフォーマンスの高いスマートウォッチ

3~7万円程度の中価格帯で実用的な機能を持った、長く使い倒したいスマートウォッチ

作成中

10万超え!高価格帯で飛びぬけた機能を持つこだわりのスマートウォッチ

作成中

健康管理から選ぶ

作成中

機能から選ぶ

登山やランニング中に使う

意外な用途から選ぶ

子供の安全管理として使う(活動範囲設定外に出るとアラート機能あり)

スマートウォッチ周辺のアクセサリーを探したい

交換用バンド

保護フィルム