MENU
マドグチ
兼業パパブロガー
運営者のマドグチです。SWELLを使ってガジェットブログを書くのが趣味の人。

レビューブロガーなのに買い物は超慎重派で欲しくてもなかなか買いません。慎重派の読者さんの為に、納得いく記事を仕上げたいと思っています。辛口評価なので「ガジェットの窓口」で80点以上は全てオススメです。
シンプル美を追求したWordPressテーマ SWELL

【まとめ】スマートウォッチで使われているセンサーの種類を知ろう!GPS搭載で価格に変化あり。

マドグチ

市場に出回っているスマートウォッチには多種多様なセンサーが搭載されているよ。

ほとんどの機種に搭載されているものやちょっと珍しいセンサーまで網羅してみるね。

ネコ

珍しいセンサー知りたい!

  • スマートウォッチに搭載されているセンサーをは多種多様
  • GPS機能が付くと価格が上がる
  • GPS機能使用中は電池の消耗が早い

自分に一番のスマートウォッチを探すなら、どんな計測機能が存在するか知っておくと購入失敗しないで済みます。

\ あなたに合ったスマートウォッチを見つけよう/

選べるもくじ

スマートウォッチで計測できる事

  • 心拍数
  • 血中酸素濃度
  • 皮膚温
  • 血圧
  • 速度変化
  • 方向・傾き
  • 方位
  • 位置情報
  • 気圧
  • 環境光

メジャーなセンサーと珍しいセンサーで分けてみます。

最新機種に多く搭載されているセンサー
心拍数センサー

光学式心拍センサーが主流。ウォッチ背面からLEDを照射。血流によって反射される散乱光の量を感知し血流動態の変化により心拍数を測定。

血中酸素濃度センサー

LEDをあてた動脈血成分の光の減衰から血中酸素濃度(SpO2)を測定。スマートウォッチ搭載の血中酸素濃度測定値は医学的使用でなく、フィットネス中の参考値として使うことがほぼ全てのスマートウォッチに明記されています。

3軸加速度センサー

速度変化を検知。どの方向へどれくらいの速度で移動しているか測定。

ジャイロセンサー

方向・傾きを検知。回転方向の動きを測定。

位置情報センサー

GPSに加えGLONASS(グロナス)、QZSS(みちびき)、Galileo(ガリレオ)などがあり正確な位置情報を測定。

磁気センサー

地球の微弱な磁気を検知し電子コンパスとして方位を測定。

環境光センサー

暗い場所では画面の光度を抑え、明るいところでは視認性を高めるため光度が高まる。バッテリー性能向上の役目がある。

珍しいセンサー
皮膚温センサー

ウォッチ背面の接触部から皮膚温を検知。

血圧センサー

スマートウォッチでの血圧測定は光学センサーによる心拍数と血流量を組み合わせ測定。

気圧センサー

周囲の空気圧を測定して気圧情報を測定。位置情報と合わせることで正確な高度を知ることができる。

GPSセンサーによる価格の違い

GPSが搭載されているスマートウォッチの価格はおおよそ15,000円~が相場ですGPS搭載と非搭載のモデルを出しているメーカーで価格の違いを比較してみましょう。

Fitbit(フィットビット)

GPS搭載

GPS非搭載

マドグチ

ChargeシリーズとInspireシリーズの最新機種は価格に差がないです。

僕ならGPS搭載のCharge4を選ぶね

SUUNTO(スント)

GPS搭載

¥29,800 (2021/06/05 09:17時点 | Amazon調べ)

GPS非搭載

¥24,640 (2021/06/05 09:15時点 | Amazon調べ)
マドグチ

5,000円程の差。SUUNTO 3は本体にGPS機能はないけど、連携するスマートフォンのGPS機能を使ってルートトラッキングが可能です。

SAMSUNG(サムスン)

GPS搭載

¥46,609 (2021/06/05 09:26時点 | Amazon調べ)
マドグチ

SAMSUNGは4万円程の大きな差がでています。
これはシリーズの違いでスペックが大きく違うことに起因します。

HUAWEI(ファーウェイ)

GPS搭載

¥10,891 (2021/06/05 11:25時点 | Amazon調べ)

GPS非搭載

¥7,800 (2021/06/05 11:26時点 | Amazon調べ)
マドグチ

HUAWEIは3,000円程の違いがあります。

GPS搭載機種の電池持ちは悪いのか?

GPS機能を使用していると電池の消耗が早いです。GPS搭載スマートウォッチのスペックには使用時・未使用時でのバッテリー性能を記載していることがあるのでまとめてみます。

機種別バッテリー性能
GPS未使用
稼働時間
GPS使用
稼働時間
Apple Watch618時間7時間
SUUNTO 9 BARO170時間(7日)25~120時間 ※1
SUUNTO 748時間(2日)12時間
Galaxy Watch 3168時間(7日)56時間
HUAWEI Watch FIT240時間(10日)12時間
Fitbit Charge 4168時間(7日)5時間
Xiaomi Mi Watch Lite216時間(9日)10時間
発表されているバッテリー性能と実機レビューを参考にしています。
※1 GPSでの位置情報取得間隔によりバッテリー性能が大きく変わります。
マドグチ

GPS機能をONにすると、3倍以上バッテリー消耗が早くなるね。

また、機種により電池長持ちモード等があり数値通りにはならないようです。

たとえばSUUNTO 7 は通常使用とは別にタイムモードがあり最長960時間(40日)の電池持ちと発表されています。

将来期待されるセンサー

3軸加速度センサーを使ったモーションジェスチャー

3軸加速度センサーの精度を高めるとバッテリー性能が低下する代わりに細かい動き振動を検知できるようになります。

振動する物体を持っていると、それがギターなのか電動歯ブラシなのか分かるようになってくるようです。視覚にハンデのある方の活動範囲が広がる期待ができますね。

参考:VIBANDプロジェクト

Apple Watchの新機能「ジェスチャー操作」

2021年5月20日にAppleからこんな発表がありました。

Apple Watchをハンドジェスチャーで操作する「AssistiveTouch for the Apple Watch」を導入する。

watchOS8から利用可能になる可能性が高く、未来的でカッコイイ操作方法です。動画で見るのが一番早いのでこちらからどうぞ。

参考:Joe Rossignol
  • 2回握るとAssistiveTouchを起動
  • 指を動かし選択
  • 1回握って決定
  • 着信時に2回握って応答
  • 腕を振ってポインタを起動
  • 手首の動きでポインタ移動

モーションセンサー心拍センサー機械学習の三要素で機能を実現。何より驚きなのは現状流通しているApple Watchのアップデートで利用可能になることです。

ネコ

やっぱりAppleはスゴイ!

まとめ

スマートウォッチに搭載されている主要センサーは以下の通りです。

  • 心拍センサー
  • 血中酸素濃度センサー
  • 3軸加速度センサー
  • ジャイロセンサー
  • GPSセンサー
  • 皮膚温センサー
  • 血圧センサー
  • 方位
  • 気圧センサー
  • 環境光センサー

購入時はGPS機能を入れるかどうかがスマートウォッチ選びのポイントとなりますね。

GPS搭載でバッテリー性能を高めたいなら、ルートトラッキングしたいとき以外はGPS機能をOFFにして使うのがよい方法です。

もしGPS機能が絶対必要であれば、情報取得を断続的にしてバッテリー性能を高めているSUUNTO 9 BARO と ソーラー充電レンズ搭載で使用しながら充電しているGARMIN Enduro Steelを強くオススメします!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
選べるもくじ
閉じる