シンプル美を追求したWordPressテーマ SWELL

【2021年】PayPayが使えるスマートウォッチはこれ!

こんにちは!最近めっきり現金を使わなくなったマドグチ(@madoguchi_g)です。

スマホで電子決済が当たり前になってきた今、スマートウォッチを使うことで、一歩進化しスマホすら出す必要がなくなってきました。

マドグチ

もうポケットから腕出すだけ!

ネコ

スタイリッシュ!

そんな中「PayPayの登録者数が3800万人を突破、加盟店数は316万カ所超に」という記事を見てネコさんは言いました。

ネコ

スマートウォッチでPayPay使おうかな。スタイリッシュに!

マドグチ

・・・
ちゃんとPayPayに対応したスマートウォッチを選ばないと使えないよ。

ネコ

じゃあスタイリッシュに教えていただこうかしら。

マドグチ

・・・

ということでコード決済の代表格である『PayPay(ペイペイ)』が使えるスマートウォッチについて調べてみました

この記事の情報は2021年4月中旬のものです。

\ あなたに合ったスマートウォッチを見つけよう/

選べるもくじ

PayPayが使えるスマートウォッチ

腕にAppleWatch

さっそく結論!

PayPayで決済できるスマートウォッチは…

マドグチ

AppleWatchだけです!(series3以降)

アップルウォッチにPayPayアプリをインストールすることでQRコードまたはバーコード決済が可能です。(ApplePayとは異なる決済方法です。)

しかし、ちょっと注意が必要…

アップルウォッチにはカメラがないので店舗レジにあるQRコードを読み込んで決済する方法はできません。

支払い方もPayPay残高からのみで、クレジットカード決済はできません。あらかじめ残高チャージが必要でYahoo!カード経由でチャージするのが一般的なようです。

マドグチ

他のVisa、Masterカードでも紐づけできるけど、PayPay利用特典を得るにはYahoo!カードしかないみたい。

ネコ

Yahoo! カードを作るべきなのね。

ほかの電子決済可能なスマートウォッチは?

スマートウォッチを見る男性

国内使用で抑えるべきスマートウォッチメーカー

メーカー別にみると、日本国内で十分に活用できる電子決済対応スマートウォッチを販売しているメーカーはそれ程多くはなく、

  1. Apple(アップル)代表格!
  2. GARMIN(ガーミン)アメリカのGPS機器メーカー
  3. Sony(ソニー)wenaシリーズを展開
  4. Fitbit(フィットビット)コストパフォーマンスに定評あり!

の4社が主流です。

マドグチ

利用したい〇〇Payがあれば、それに対応したスマートウォッチを選べばいいんだ

ここでひとつ注意してほしいのが、Google社がウェアラブル端末向けに提供しているWearOS(ウェアーオーエス)というオペレーションシステムがあります。

Wear OS by Google

このWearOSを搭載したスマートウォッチが各社から発売され、『GooglePay対応』という言葉をよく見るのですが、WearOS経由でGooglePayはまだ日本で使えません

近い将来使えるようになるとは思いますが…

主要4社の製品と対応する決済方法

メーカー 主な対応製品 決済方法
Apple Apple Watch3以降 ApplePayQuickPayiDSuica、PASMOPayPaynanacoWAON、楽天Edy
Garmin Fenix 6/6ProDualPower/6S/6SProDualPower/6X/6XProDualPower
QUATIX 6XDualPower/6Sapphire
Foreathlete 745
Vivoactive 4/4S
Legacy Hero/SAGA
Venu /Venu SQ
Vivomove Style/Luxe/3/3S
Approch S62
Descent MK/MK2I
GarminPay(Visaタッチ決済)GarminPay Suica
Sony wena3 Suica楽天EdyiDQuickPayANAdPOINTヨドバシゴールドポイント
Fitbit Sense
Ionic
Versa
Versa2
Charge3
Charge4
FitbitPay(Visaタッチ決済)Suica(最新のCharge4のみ)

同一メーカー・同一商品でも機種や発売日によって対応する決済方法に違いがあるので詳しくは公式ホームページで確認をお願いします。

まとめ

PayPayとAppleWatch

現状ではPayPayを利用できるスマートウォッチはアップルウォッチだけでした。

電子決済の種類から考慮するとAppleWatchが一番です!

とはいえ、日本国内で利用するならSuica、楽天Edy、iD、QuickPayあたりを押さえておけばいいのでSonyのwena3も検討の余地がありますね。

AmazonでSONY Wena 3の価格を調べる

マドグチ

Suicaを使いたい!
など明確な意思があれば選択肢は狭まり選びやすいです。

ただ今回クローズアップしたPayPayをスマートウォッチで使うには、

  • AppleWatchにPayPayアプリをインストールして利用する

この方法一択でした。

App StoreのPayPayアプリはこちら

Amazon購入前に見て!誰でも0.5~2.5%還元ポイントを取る裏技!

意外と利用者の少ない裏技ですが、5,000円以上の買い物なら誰でも使えます。それは、

「ギフト券チャージしてから商品購入する」

Amazonギフト券チャージポイント還元表

一般的なクレジットカードの還元率が高くて1.5%程度と考えると、最大2.5%はなかなかの高還元率です。ネックはコンビニチャージする必要あり。

\ギフト券チャージはこちらから/

ポイントを受けるには、ギフト券購入時にお支払い方法を「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」にします。コンビニで支払うとチャージ完了です。

ポイント有効期間は10年間ですので長期的にAmazonを利用するなら失効することはなさそうです。

ネコ

プライム会員の年会費もギフト券チャージから払えるんだよ。

コンビニチャージは面倒・・・それならクレジット決済でも0.5%上乗せ可能な裏技!

Amazonプライム会員で5,000円以上の買い物であれば、お手持ちのクレジットカードからチャージすることも可能。その場合は手持ちの「クレジットカード還元率+0.5%」です。別途エントリーが必要なので先に済ませてからチャージしましょう。
Amazonチャージのエントリーページ

\ クレカ還元率に+0.5%上乗せ /

無駄なチャージをしない為にも精算金額ピッタリ分だけチャージがおすすめ。+0.5%のポイント還元が受けられます

マドグチ

Amazonでの買い物はこれで完璧です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

URLをコピーする
URLをコピーしました!
選べるもくじ
閉じる