MENU
マドグチ
兼業パパブロガー
運営者のマドグチです。SWELLを使ってガジェットブログを書くのが趣味の人。

レビューブロガーなのに買い物は超慎重派で欲しくてもなかなか買いません。慎重派の読者さんの為に、納得いく記事を仕上げたいと思っています。辛口評価なので「ガジェットの窓口」で80点以上は全てオススメです。
シンプル美を追求したWordPressテーマ SWELL

【レビュー】Baseus「SiMU S1 Pro」はANC・外音取り込み・IPX5・ワイヤレス充電・マイク内蔵と挙げればきりがない機能豊富で低価格なワイヤレスイヤホン

総評

5,000円のコストに見合った多機能なイヤホン。深青カラーが他イヤホンとの違いを見せてくれるが中身(音質)コスパ重視のイヤホンと同等。外音取り込みが使えるので駅ホームや町中で周囲の危険に気付きやすい。

BaseusベースアスブランドからワイヤレスイヤホンSiMU S1 Proが発売されました。

ケース&ボディには深海を思わせるダークブルーを纏っており沸々と期待させる物があります。

Baseus SiMU S1 Pro

1万円以下のワイヤレスイヤホンでANC(アクティブノイズキャンセリング)を搭載しワイヤレス充電にも対応の Baseusベースアス SiMU S1 Pro 。実際に使用感や音質を確かめながらレビューします。

マドグチ

スペック的には2万円クラスですよ!

ネコ

期待値高そうね!

Baseus SiMU S1 Pro の特徴
  • ANC(アクティブノイズキャンセリング)搭載
  • 外音取り込みモード搭載
  • 本体込みで最大28時間のバッテリー
  • 一段高い防水性能(IPX5)
  • Bluetooth5.2の安定接続
  • マイク内蔵で音声通話に対応可能
  • 本体がワイヤレス充電(Qi規格)に対応
  • 約6,000円の中価格帯

イヤホン価格帯の目安

5千円以下イヤホンイメージ
0.5~2万円イヤホンイメージ
2万円以上イヤホンイメージ

本記事では0.5~2万円の価格帯となる 「Baseusベースアス SiMU S1 Pro」をレビューしています。

\ タップで読み飛ばせます /

Baseus ブランドについて

Baseusベースアス は中国深圳市に拠点を置き「Base On User」というブランドスローガンを掲げ、ユーザー視点から美的価値と実用価値の双方を高めた製品を提供しています。

Baseusロゴ
Baseus 公式サイト

ユーザー需要を継続的に満たすためにスマートフォンアクセサリー、オーディオ、照明、自動車アクセサリー、充電器など複数のカテゴリ製品を開発し生産しています。

このレビュー記事はサンプル品を提供していただき、筆者が実際使用した感想を元に作成しております。

選べるもくじ

Baseus SiMU S1 Pro のレビュー

PCデスク

ダークブルーはビジネスシーンにはまる

落ち着いたダークブルーが大人の男にはまる色味です。Baseusベースアス SiMU S1 Pro」 は防水性能がよくあるワイヤレスイヤホンのIPX4と比べIPX5と一段階高くなっています。

Baseus SiMU S1 Proケース
Baseus SiMU S1 Proイヤホン
防水規格IPX5

「あらゆる方向からの噴流水ふんりゅうすいによる有害な影響が無い」と位置づけられています。強めの雨で使用しても無害というレベルです。温水や水中には適していません。

防水性能表
防水性能表

片耳3.6gが公式スペックですが実際は4.0g(中サイズイヤーピースの分?)。ボディがやや大きく感じますが独特な丸みが耳にフィットし落下の心配はありませんでした。

Baseus SiMU S1 Pro 計量
Baseus SiMU S1 Pro 計量

ケースは本体込みで45.4g。手のひらにすっぽり入ります。

Baseus SiMU S1 Pro

重厚感のある外観イメージですが実際手に持つと結構軽い。蓋を開けるとプラスチック感あり。

Suicaカードと比較すると下図のような感じです。カバンに入れても邪魔になりません。

Baseus SiMU S1 ProとSuica
Baseus SiMU S1 ProとSuica

ケース収納時はマグネットで付着しており逆さにしても大丈夫。 ケース背面は真っ直ぐなめらかで、ヒンジ部が出っ張っていません。

Baseus SiMU S1 Pro
Baseus SiMU S1 Pro背面

ANC(ノイズキャンセリング)機能は普通レベル

Baseusベースアス SiMU S1 Pro」6,000円以下で買えるローコストながらANC(アクティブノイズキャンセリング)機能がついています。

ANC機能ですがエアコンのボーッというノイズを半分くらいに抑えてくれました。トーンの高い女性の話し声は結構聞こえます。正直な感想だと「一応ノイズキャンセリング機能が付いているんだな」といった程度でした。

マドグチ

耳栓のように静かにはならないね。

逆によかったのが、ASM(外音取り込みモード)。気にしていなかったマウスのカチカチ音や周囲の環境音をしっかり拾い耳元で聞こえます。背後から近づく車にもちゃんと対応できます。

▲もくじへ戻る

音質はバランス良いタイプ

実際に音楽を聴いてみた感想は、「音域を強調する特徴はないがバランスの良くどんなタイプの音源でも楽しめる。」

高音域ベースとドラムに重なっていると解像度が低下する。
低音域迫り来る強さは無くややこもっている。
ボーカルボーカルメインの曲がバランスよく楽しめる。
立体感奥行きと広さを感じられた。

音質コーデックはSBC/AACに対応。apt-Xは非対応ですので高音質を求める方よりカジュアルに音楽を楽しみたい方向けです。

ネコ

音質コーデックってなんだ・・・?

音質コーデック

Bluetoothブルートゥースで音を転送する際の音声圧縮形式のことで 、音質に大きく影響します。

イヤホンと再生端末両方が対応していないといけません。


SBC
標準的音質。
圧縮率高め。
無音時のノイズあり

AAC
中音質。
圧縮率高め 。
iPhoneユーザーおすすめ。

apt-X
高音質。
圧縮率低め 。
音質重視の方におすすめ。
音質コーデックについて

大きいけどフィットするイヤホン本体

右耳に装着したBaseus SiMU S1 Pro
Baseus SiMU S1 Pro

ボディが大きくフィットしづらそう。と思いきや絶妙に耳穴にフィットし、ギュッと押し込みやすい形状。なので全く落下の心配はありません。

ネコ

結局、強く押し込めるから落ちにくいんだね~

音声通話は相手側にとって若干聞きづらい

Baseus SiMU S1 Pro

Baseusベースアス SiMU S1 Pro」は音声マイク搭載です。実際通話すると相手側の音声はよく聞こえます。

通話相手側からすると若干遠くで話している印象です。こちらが「Baseusベースアス SiMU S1 Pro」を使っている場合、意識して大きめの声で話してあげないと相手は聞きづらいです。

スマートフォンとペアリング中の着信通知はいったん音楽が停止した後、イヤホン内に着信音が流れます。

タッチ操作動作
着信中
左右:2回タップ
電話に出る
着信中
左右:長押し
着信拒否
通話中
左右:長押し
電話を切る
Baseus SiMU S1 Pro 通話操作一覧
マドグチ

タッチセンサーでは音量調節できませんでした。

誤タッチさせないタイプの操作感

Baseus SiMU S1 Pro

「ポン・ポン」と2タップで再生・停止ができます。1タップだと耳に押し込むとき反応するので2タップ再生は僕にとって嬉しいです。音声通話の欄でもお伝えしましたが、イヤホン単体で音量調節ができませんのでデバイス側で調整する必要があります。

マドグチ

感度は特に問題無し。

タッチ操作動作
右:2回タップ再生・停止
右:3回タップ 次の曲
右:長押し→ANC ON
→ANC OFF
→ASM ON※
左:2回タップ 再生・停止
左:3回タップ頭出し・前の曲
左:長押し →ANC ON
→ANC OFF
→ ASM ON※
Baseus SiMU S1 Pro イヤホン操作一覧 ※ASM:環境音モード
ネコ

1回タップ操作が無い。
コレ実は誤タッチしないから使いやすいよね!

防水性能は雨なら問題なしのIPX5

防水性能は0~8の9段階のうち5番目です。

マドグチ

外出時に強い雨が降られても問題ないレベル。

防水性能表

防塵性能はありませんでした。砂浜などでの利用は控えた方がよさそうです。

▲もくじへ戻る

ワイヤレスイヤホン初心者におすすめ!

Baseus SiMU S1 Pro外箱

約6,000円は低価格帯~中価格帯の間です。

  • ANC(アクティブノイズキャンセリング)搭載
  • 環境音取り込み機能
  • 一段高い防水性能(IPX5)
  • Bluetooth5.2の安定接続
  • ワイヤレス充電(Qi規格)に対応

コストはかけずに一通りの機能を試してみたい!「Baseusベースアス SiMU S1 Pro 」はそんなあなたにオススメできるイヤホンです。

▲もくじへ戻る

ペアリング設定手順

初使用時のペアリング手順は簡単1分!

ケースの蓋をスライドするとペアリングモードに入ります。

ペアリングモード中にスマートフォンのBluetoothブルートゥース設定に入ります。

スマホのBluetoothブルートゥース設定

Baseus SiMU S1 Pro設定画面
Baseus SiMU S1 Pro設定画面

「Baseus SIMU S1 Pro」「ペアリング」と選択。

これで終了!

スマホのBluetoothブルートゥース設定

Baseus SiMU S1 Pro設定画面
Baseus SiMU S1 Pro設定画面

ペアリング済みになった「Baseus SIMU S1 Pro」を選択すると使用する機能を選ぶことができます。

次回からはBaseusベースアス SiMU S1 Pro」をケースから出すだけで自動ペアリングしてくれます。

別のデバイスに接続を切り替えるには
  1. デバイス本体からBluetoothブルートゥースをオフにする。
  2. イヤホンが自動でペアリングモードになる。
  3. 他デバイスのBluetoothブルートゥース設定で接続する。

Baseus SiMU S1 Pro の概要

基本スペック

イヤホンタイプカナル式
最大再生時間本体 7時間
本体+ケース 28時間
対応コーデックSBC/AAC
ワイヤレス機能Bluetooth5.2
ノイズキャンセリングあり
外音取り込みモードあり
内蔵マイクあり
重さ(測定値)4.0g(片耳)
45.4g(本体+ケース)
防塵防水性能IPX5
充電方法USBType-C
Qiワイヤレス充電(ケース)
価格帯約6,000円
Baseus SiMU S1 Pro の基本スペック
マドグチ

IPX5、Bluetooth5.2、ワイヤレス充電、ANC、外音取り込み、約6,000円と強みがいっぱい!

ネコ

結構凄いんじゃない!?

▲もくじへ戻る

梱包物

Baseus SiMU S1 Pro梱包物
Baseus SiMU S1 Pro 梱包物 一覧
  • 外箱
  • 本体ケース
  • 左右ワイヤレスイヤホン(イヤーピースM)
  • イヤーピース4個(S・L)
  • 充電ケーブル(USB Type-A ↔USB Type-C)
  • 取扱説明書

USBType-Cで充電する機種も増えてきて嬉しいです。

Baseus SiMU S1 Pro下面
USBType-A to USBType-Cケーブル

そしてBaseusベースアス SiMU S1 Pro」はワイヤレス充電(Qi規格)に対応しています。6,000円以下と思えない機能充実ぶりです。

Baseus SiMU S1 Pro のレビューまとめ

Baseus SiMU S1 Pro

価格的には中堅クラスの約6,000円でノイズキャンセリング搭載ワイヤレスイヤホン Baseusベースアス SiMU S1 Pro の実機レビューでした。

ネコ

お手頃価格で機能を詰め込んだ実用的なワイヤレスイヤホン!

Baseus SiMU S1 Pro の絶賛ポイント

絶賛ポイント
  • USB Type-Cでもワイヤレスでも充電できる。
  • ANC(アクティブノイズキャンセリング)機能が付いている。
  • 外音取り込みモードが付いている。
  • マイク内蔵で通話が可能。
  • Bluetooth5.2対応。
  • IPX5で雨を気にせず使える。
  • 約6,000円と価格が手ごろ。
  • 深い青のケース&ボディが魅力的。

Baseus SiMU S1 Pro の残念ポイント

残念ポイント
  • ノイズキャンセリング機能が弱い。
  • apt-Xコーデック非対応。
  • イヤホン単体で音量調節ができない。
  • 音質に特徴が無い。
マドグチ

コスパ良く機能豊富なワイヤレスイヤホン!

ネコ

高くないから買って後悔はないね。

最後にもう一度「Baseusベースアス SiMU S1 Pro 」の特徴をお伝えします。

  • ANC(アクティブノイズキャンセリング)搭載
  • 外音取り込みモード搭載
  • 本体込みで最大28時間のバッテリー
  • 一段高い防水性能(IPX5)
  • Bluetooth5.2の安定接続
  • マイク内蔵で音声通話に対応可能
  • 本体がワイヤレス充電(Qi規格)に対応
  • 約6,000円の中価格帯

以上でレビューは終了です。最後までお読みいただきありがとうございました。

Baseus SiMU S1 Pro を探す

Amazon購入前に見て!誰でも0.5~2.5%還元ポイントを取る裏技!

Amazonギフト券チャージポイント還元表

5,000円以上の買い物なら誰でも・・・使えます。手順はギフト券チャージしてから商品を購入するだけ。最大2.5%は高還元率です。セールでまとめ買いするときは必ずギフト券チャージしてから買い物しましょう。

\ギフト券チャージはこちらから/

ポイント有効期間は10年間ですので長期的にAmazonを利用するなら失効することはなさそうです。

ポイントを受けるには、ギフト券購入時にお支払い方法を「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」にします。コンビニで支払うとチャージ完了です。

ネコ

コンビニでチャージは大変!

そんなあなたは次の方法を見てね!

コンビニチャージは面倒・・・それならクレジット決済でも0.5%上乗せ可能な裏技!

Amazonプライム会員で5,000円以上の買い物であれば、お手持ちのクレジットカードからチャージすることも可能。その場合は手持ちの「クレジットカード還元率+0.5%」です。別途エントリーが必要なので先に済ませてからチャージしましょう。
Amazonチャージのエントリーページ

\ クレカ還元率に+0.5%上乗せ /

無駄なチャージをしない為にも精算金額ピッタリ分だけチャージがおすすめ。+0.5%のポイント還元が受けられます

マドグチ

Amazonでの買い物はこれで完璧。

▲もくじへ戻る

URLをコピーする
URLをコピーしました!
選べるもくじ
閉じる